字が汚い…そんな悩みを治しましょう!

有名ボールペン字講座の価格比較表をつくりました

ボールペン字講座を選ぶ際、値段を重要視される方も多いので評判の良く、なおかつ有名どころの4社の価格を比較してみました。

 

講座名だと似ていてわかり辛いので、講座の会社名にしました。

 

どの講座も基本受講期間の6カ月分の価格です。

 

講座 価格 おすすめ度
たのまな 28500円 9.5点
がくぶん 28900円 8.5点
ユーキャン 31000円 9.5点
東京書道教育会 37584円 9.0点

 

おすすめ度は受講料が同じだった場合(受講料は考えず教材の内容だけの評価)の評価点です。

 

 

東京書道教育界がちょっと高めだけど、大体どこも3万円前後だね


 

がくぶんは有名な割に点数を見るとおススメ度が低く感じるかもしれませんが、10点満点中の8.5点ですので十分良い通信講座です。

 

評判の良い教材の中だけでおススメ度を付けているので、比較すると低く感じるだけなのでもしもがくぶんを選びたいと思っている人はがくぶんを選んでOKです。

 

当サイトの基本理念である汚い字を人並みの字にするという点では全く問題ありません。

 

次はもう少しわかりやすくひと月当たりの値段の差にしてみます。

 

講座 1カ月当たり 受講料の差
たのまな 4750円 0円
がくぶん 4816円 +66円
ユーキャン 5166円 +416円
東京書道教育会 6264円 +1514円

 

小数点以下切り捨てました。

 

受講料の差は一番安いたのまなと比較した金額差です。

 

がくぶんで月66円の差、ユーキャンで月416円の差、東京書道教育会で1514円の差となりました。

 

一番安いたのまなと一番高い東京書道教育会で月1514円の差です。

 

この月1514円の差を高いと感じるか、特に気にならないと感じるかをボールペン字講座を選ぶ基準にしてみてもいいかもしれませんね。

 

もしも10年間通うようなものであれば1514円の差は大きいと感じますが、受講期間が半年と決まっているので個人的にはそれほど大きな差とは感じません。

 

今の私は独身なので月1500円の差ならそれほど大きな金額ではないので、東京書道教育会も選択肢には入れておきますね。

 

 

ぼくは1500円の差って結構大きいと思うから、東京書道教育会は候補から外そうっと


 

安めのがくぶんかたのまなを選んでおいて、半年後に受講が終わったら頑張ったご褒美として9000円の美味しいごはんを食べにいくというのもモチベーションが上がって良いかもしれませんね。

 

迷うのだったら間を取ってユーキャンでもいいかもしれません。

 

 

迷った時には値段も平均的で知名度の高いユーキャンを選ぶっていうのもいいかもね


 

ペン字講座は価格で選ぶか、内容で選ぶか

 

上記4つの講座なら、値段で選んでも内容で選んでもどちらでも問題はありません。

 

少しでも安く抑えたいのであれば、たのまな、がくぶんを選び、多少高くついても資格取得を目指すのであれば東京書道教育会を選べばよいです。

 

基本はお手本を元にした反復練習なので、聞いたことのないようなボールペン字講座や評判の悪いボールペン字講座さえ避けておけば問題ありません。

汚い字を直したい、ボールペン字講座に興味があるあなたへ

1日20分のボールペン字学習で「人並み程度」「他人に見られても恥ずかしくない字」がは十分書けるようになります(私は開始1カ月で大きな効果を実感できました)

もしも「汚い字を直してみたい」と本気で考えているのなら、手軽に始められる通信制のボールペン字講座を受講してみるのも一つの手です。

  • 定番のボールペン字講座とその特徴
  • 初心者向けのボールペン字講座ってどれ?
  • 自分に合った講座選びのポイント
  • 私の字が汚かった頃の恥ずかしい実体験
  • 通信ボールペン字講座(ユーキャン)を受講した人の感想

私も「どのボールペン字講座を選んだらいいのかわからない…」と、なかなか始められなかった経験があります。

こういった疑問点をこちらのページにまとめておきましたので、参考にしてみてはいかかでしょうか?⇒2018年版!ボールペン字講座おすすめランキング

字が汚い悩みを抱えたままこの先何十年も過ごすより、半年間だけ頑張って人に見せても恥ずかしくない字が書けるようになったほうが残りの人生ストレスなくに過ごせます。